せどりが楽勝すぎて拍子抜けした時代 - せどりの文句は俺に言えぇ!!

    せどりの文句は俺に言えぇ!! ホーム  »  スポンサー広告 »  せどり »  せどりが楽勝すぎて拍子抜けした時代

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    せどりが楽勝すぎて拍子抜けした時代

    こんにちは、ほぼ在宅せどらーのたくぼです。


    わたしが、せどりを始めた頃の話を
    この前の前の記事で書いたんですが
    今日は、そのまた、続きという事で・・・・



    出品する商品の、殆どは、他出品者が全くいない状態。


    それで、当時、わたしは、どんな価格設定をしていたかというと


    定価の半分ぐらいの価格を設定していました。


    理由は、中古だから、新品より安いでしょ。
    だいたい半値ぐらいがベストかな?



    みたいな感じでした。だいたい半値ぐらいがベストかな?
    そう思った理由は


    ブックオフの100円以外のコーナー(プロパー)の価格を参考に
    したような気がします。


    というか、もう、適当入っていたような
    気がします。少し状態悪いと、安めにとか、ちょっと綺麗かな?
    と思えば、少し高めにとか。それも定価の範囲内で^^



    今であれば、在庫なし、他者出品なしの場合は
    プレミアム価格で出品するのですが、当時のわたしには


    中古=新品より劣る 即ち

    プレミアム価格の感覚が、全くありません。


    中古のものを、わざわざ、高いお金を出して
    買うという感覚が理解できない!というのではなくって


    希少価値の存在に、気が付いてなかったんです。


    そんな、感じてやっていたんですが
    評価もほぼない状態から、出品したら、あっさりと
    売れてしまう感覚がありました。


    あまりにも簡単に売れてしまうので、嬉しいを通り越して
    かえって拍子抜けしてしまう程です。


    それは、大げさですが、要するに、当時は
    それぐいらい、楽勝だったという事です。


    購入者さんも、今よりは、もっともっと少なかったと思いますが
    それ以上にもっともっともっと、出品者が少なかったんです。


    それと、もう一つ、今とは決定的に
    違う条件があって


    それは、

    当時の購入者さんは、かなりの確率で
    評価を返してくれました。


    一番最初に買っていただいた方から
    直ぐに評価を頂きました。
    そして、その次に買っていただいた方からも
    直ぐに評価を頂いた記憶があります。


    半分~30%の方は返してくれたような感じでした。


    評価が戻りやすいのには、ある
    理由があったのですが、それは
    また次のテーマにしてみたいと思います。


    本当、楽勝な商売じゃん!


    かなり、いい気になっていたような気がします。
    まぁ、そんな時代は、ご想像のとおり
    長くは続かないです。


    そうやって、楽勝だけど
    適当にやっていた時代を経て
    だんだんと、工夫していくようになります。

    また、その過程は
    追々、綴っていきますね。


    全ての悩めるせどらーに贈る
    無料レポートプレゼント中です。




    人気ブログランキングへ





    ここは記事下のフリースペースです
    コメント
    非公開コメント

    はじめまして!

    スウィーティーです。

    確かに長年やっている友人も昔は良かったと言っています。

    なんとか生き延びるしかないですね。

    2011-04-24 20:31 | from スウィーティー

    No title

    スウィーティーさん、こんにちは!!


    今、考えると、そうですよね。
    日々進化していかないといけませんね^^

    2011-04-25 19:30 | from たくぼ

    トラックバック

    http://tequieromuchooo.blog129.fc2.com/tb.php/385-d223bafe

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。